遺言をするメリット

2014年3月11日 / 未分類

どんなに仲の良い家族でも、父親が死亡した後の財産をめぐって相続争いが起こります。 ドラマだけの話と思っていますが、マスコミだけの報道だけでなく、現実に周囲でも似たような話を聞きます。 これらのトラブルを防止する為には、遺言書を作成することが必要だといいます。 相続をどう分けるかは、それぞれの家族に事情があり、法定相続分だけを分けるだけでも大変です。 仲が良い家族といっても、それぞれが他人と結婚していて自分の家族を持っているのです、例え本人は同意しても、本人の妻や・夫は同意しませんし、どうしても妻や夫の意見に左右されます。 例として遺産が自宅の不動産で5000万円でしかない場合で、残された家族は妻と親の介護をズットしてきた長男と、親から借金ばかりしてきた次男と同じ相続分にすることで良いのかの問題が起こります。尚、長男と妻は同居しています。 遺産が不動産だけの場合だと、次男が相続放棄をしない限り、法定相続だと残された兄弟は等分の相続となり、1250万ずっとなり、この相続をめぐり、父親が残した自宅の不動産を処分しなければならない悲劇が起こります。 これらを家族が仲たがいをしないような内容にすることで、トラブルを未然に防ぐことが出来ますし、残された遺族に思いを伝えることが出来ます。

 

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る