遺言執行者を指定しておくことで速やかな相続手続が可能となる

2014年3月11日 / 未分類

遺言執行者とは遺言者の死亡後に、遺言に書かれていることを実行する人のことです。
遺言者が死亡されると、遺言書があるかどうか探す必要があります。
公証役場で作成していただいた遺言書は検認は必要はありませんが、自宅で発見されて遺言書は家庭裁判所にもっていき、検認をして頂く必要があります。
遺言書が2通以上発見されて場合は、一番新しい遺言書が有効になります。
それまでに、かってに開封すると、罰則の対象になります。
いよいよ、遺言書の実行ですが、あらかじめ遺言を実行する人を決めることが出来ます。
その方法は、1)遺言者が、遺言で指定する2)遺言者が、遺言で指定の第3者を指定する3)遺言者の死亡後、相続人などの利害関係者が、家庭裁判所に請求して選任してもらう等の方法があります。
あらかじめ遺言を実行される方を決めていれば、遺言書を探す必要が無くなり、確実に遺言書の内容を実行してくれます。
遺言の実行は、利害が絡むことですから、遺言を実行をする人を決めていないと混乱を招きかねませんが、あらかじめ遺言を実行する人を決めていれば、複雑な相続をスムースに実行することが出来ます。
遺言の実行は、誰でも出来ますが、未成年者と破産者はできません、確実に実行する為には第3者か、専門家に依頼することで実行できます。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る