相続人の潜在的持分の実現

2014年3月11日 / 未分類

ある人が築いた財産は、その人が築いたわけですから、その人のものだと言い切ってしまえば、それを本人がどうしようが他人がとやかく言うことではありません。たしかに、確実にその人だけで築いたのなら良いのですが、家族の協力がなければ築くことができない場合もあります。例えば、奥さんが協力してくれなければ財産は築けなかったと言うことはあり得ることでしょう。奥さんだけではなくて、子供も協力していることもあり、家族はやはり財産の形成に対して何らかの貢献をしていると考えるのは自然な事です。
家族が財産を受け取ることができるように法律では定められているのですが、これはやはり家族が協力していると言うこともあり得るからです。目に見えないところで一緒に財産を築いたと考えられますから、それは家族の本来の持ち分だと考える事ができます。これを相続人の潜在的持分と呼びます。
相続をする目的の一つがこの潜在的な持分を実現させることだと言えるでしょう。潜在的に財産を稼ぐのに協力しているわけですから、その財産の一部を受け取ることができると考えるのが自然な事です。ですから、法律では配偶者が財産を受け取る権利が守られていると考えられます。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る