相続人の生活保障

2014年3月11日 / 未分類

相続とは相続をする権利を得た人が死亡した人の財産を取得することです。しかしこれは単に死亡した人の財産を権利に限らず使ってしまえばいいのではと考える人もいるかもしれませんが、ではそもそもこの相続の制度とは何故存在するのでしょうか。前途した説明は単に財産の取得としましたが、相続をする財産というのは何も金銭のものではなく、地位や負債、ようするにマイナスの財産も含まれるということです。負債というのは主に借金等ですがそうしたものには大抵契約等がされています。これは負債だけでなく地位に関係のあることもそうで、こうして相続をすることによってそうした権利による契約の確保をするのが目的の1つとなっているのでしょう。そして何よりの問題は生活保障にあります。家庭でこうして誰かが亡くなってしまうと当然生活にも影響が出てしまいます。特にその人が家計を支えていたのなら尚更のことです。そうなると生活が苦しくなることは想像に難くないことで、それを防ぐためにこうして相続という制度で相続人に財産を相続させて生活保障をするためということも存在する理由となるでしょう。そしてそれは相続という形で財産に所有の権利を持たせることによっても成り立っているといえます。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る