相続人以外の人にも財産を残すことができる

2014年3月11日 / 未分類

遺言は相続において重要な要素です。というのもそうして遺言を残すことによって自分の死後の財産の権利の移動を円滑にすることができ、それによって無駄な争いも避けることができるからです。そして何よりそうした財産の移動先を決めることでその処理も被相続人の思い通りにされます。というのもそれがなかった場合には相続人に被相続人の考え通りに相続されるとは限らないからです。また何より一番のメリットとしては相続人以外にも財産を残すことができるからです。というのももし遺言もなしに相続が決まった場合には大抵は分割等関係なしに相続人に全て財産が相続されるという結果となり、他の遺族には何一つ相続されないということになります。そしてそうなれば家族によってはその後のことで大きな問題が起こる可能性もあり、場合によっては家庭崩壊の危険もあります。しかし遺言があればその行き先を相続人本人にだけでなく他の遺族にも指名して何割かを残すことができます。そしてこうして遺言によって分割して行き渡らせれば問題がなくなるとは言い切れませんが遺族の方達もある程度の納得はできることでしょう。もちろん遺言を書く際には規定に則って書かないと効力がなくなる場合もあるので、そこには気をつける必要があります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る