遺族の精神的負担・事務的負担が軽減される

2014年3月11日 / 未分類

遺言で財産の流れを明確に決めておくことは残された遺族のあらゆる負担を軽減させるというメリットがあります。遺言を残してなかったとすると、当然財産の行き先は不透明になります。と、すると当然それに対して残された人達はその財産の行き先をどうにかするかで協議をすることになります。しかしこの協議が円滑に温暖に進めばそれでいいのですが、財産は平たく言えばお金を残すことになり、昨今の事件でも分かる通りにお金の魔力とはとても恐ろしいもので、大抵は多くもらうため、もしくは割合に納得できずに争いになることが多いです。そして相続される財産というのは何もいいものばかりでなく時には借金を始めとした負債の財産もあります。当然誰もがそれを受け継ぐのはまず嫌だと思うものであり、それの押し付け合いにも発展する問題があるでしょう。そしてこうした協議は短期間で決まらない可能性もあり、そうなれば生活してく上で気が休む場所等なくなってしまうこともあります。そしてもし決まったとしても今度はそれに対する処理の手続きもしなければならず、それも簡単ではないのでそうした負担があります。遺言を残しておけばそうした争いに対する精神的な負担と、決定された財産の処理に対する手続きに対する事務的な不安を軽くすることができるのです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る