カテゴリー「未分類」の記事

遺族の精神的負担・事務的負担が軽減される

2014年3月11日 / 未分類

遺言で財産の流れを明確に決めておくことは残された遺族のあらゆる負担を軽減させるというメリットがあります。遺言を残してなかったとすると、当然財産の行き先は不透明になります。と、すると当然それに対して残された人達はその財産の行き先をどうにかするかで協議をすることになります。しかしこの協議が円滑に温暖に進めばそれでいいのですが、財産は平たく言えばお金を残すことになり、昨今の事件でも分かる通りにお金の魔力とはとても恐ろしいもので、大抵は多くもらうため、もしくは割合に納得できずに争いになることが多いです。そして相続される財産というのは何もいいものばかりでなく時には借金を始めとした負債の財産もあります。当然誰もがそれを受け継ぐのはまず嫌だと思うものであり、それの押し付け合いにも発展する問題があるでしょう。そしてこうした協議は短期間で決まらない可能性もあり、そうなれば生活してく上で気が休む場所等なくなってしまうこともあります。そしてもし決まったとしても今度はそれに対する処理の手続きもしなければならず、それも簡単ではないのでそうした負担があります。遺言を残しておけばそうした争いに対する精神的な負担と、決定された財産の処理に対する手続きに対する事務的な不安を軽くすることができるのです。

遺言執行者を指定しておくことで速やかな相続手続が可能となる

2014年3月11日 / 未分類

遺言執行者とは遺言者の死亡後に、遺言に書かれていることを実行する人のことです。
遺言者が死亡されると、遺言書があるかどうか探す必要があります。
公証役場で作成していただいた遺言書は検認は必要はありませんが、自宅で発見されて遺言書は家庭裁判所にもっていき、検認をして頂く必要があります。
遺言書が2通以上発見されて場合は、一番新しい遺言書が有効になります。
それまでに、かってに開封すると、罰則の対象になります。
いよいよ、遺言書の実行ですが、あらかじめ遺言を実行する人を決めることが出来ます。
その方法は、1)遺言者が、遺言で指定する2)遺言者が、遺言で指定の第3者を指定する3)遺言者の死亡後、相続人などの利害関係者が、家庭裁判所に請求して選任してもらう等の方法があります。
あらかじめ遺言を実行される方を決めていれば、遺言書を探す必要が無くなり、確実に遺言書の内容を実行してくれます。
遺言の実行は、利害が絡むことですから、遺言を実行をする人を決めていないと混乱を招きかねませんが、あらかじめ遺言を実行する人を決めていれば、複雑な相続をスムースに実行することが出来ます。
遺言の実行は、誰でも出来ますが、未成年者と破産者はできません、確実に実行する為には第3者か、専門家に依頼することで実行できます。

将来の相続紛争を予防することができる

2014年3月11日 / 未分類

小説等のフィクション物の中には被相続人が残した遺産を巡って血を見る争いをするという物語が時にはあります。もちろんそれらはあくまでフィクション物なので現実ではそこまでのものではありませんが、現実でもそうした遺産を巡る紛争によって大きな事件に繋がるということは決してありえなくはない話です。そしてそうして争いが起こる原因としては大抵はその財産の行き先が不透明であったり、相続人のみが全ての財産を引き継ぐといったケースがあります。もちろん遺族の状況によってはそうした心配はありませんが、もし親戚等も含めて人数が多くなると当然将来に不幸なことが起こる可能性も大きくなります。遺言というのはそうしたことを未然に防ぐためにも効果を発揮します。遺言で遺産の行き先をはっきりさせておき処理させれば法的にも効果があるものなので、ある程度の納得はさせられるでしょう。何より遺産の処理の分割もできて遺族全てに財産を行き渡らせるということもできるため、そうして財産を取得させることでもらえない人間を出さずに納得させるということもできるのです。しかし、残念なことに完全な防止にいたるわけではなく、家族によっては遺言の内容に納得いかずに悲劇が起きてしまうことも考えられます。なので遺言を残す際にはその遺族がどういった人物なのかも理解して処理方法を残した方がいいでしょう。

相続人以外の人にも財産を残すことができる

2014年3月11日 / 未分類

遺言は相続において重要な要素です。というのもそうして遺言を残すことによって自分の死後の財産の権利の移動を円滑にすることができ、それによって無駄な争いも避けることができるからです。そして何よりそうした財産の移動先を決めることでその処理も被相続人の思い通りにされます。というのもそれがなかった場合には相続人に被相続人の考え通りに相続されるとは限らないからです。また何より一番のメリットとしては相続人以外にも財産を残すことができるからです。というのももし遺言もなしに相続が決まった場合には大抵は分割等関係なしに相続人に全て財産が相続されるという結果となり、他の遺族には何一つ相続されないということになります。そしてそうなれば家族によってはその後のことで大きな問題が起こる可能性もあり、場合によっては家庭崩壊の危険もあります。しかし遺言があればその行き先を相続人本人にだけでなく他の遺族にも指名して何割かを残すことができます。そしてこうして遺言によって分割して行き渡らせれば問題がなくなるとは言い切れませんが遺族の方達もある程度の納得はできることでしょう。もちろん遺言を書く際には規定に則って書かないと効力がなくなる場合もあるので、そこには気をつける必要があります。

遺言をするメリット

2014年3月11日 / 未分類

どんなに仲の良い家族でも、父親が死亡した後の財産をめぐって相続争いが起こります。 ドラマだけの話と思っていますが、マスコミだけの報道だけでなく、現実に周囲でも似たような話を聞きます。 これらのトラブルを防止する為には、遺言書を作成することが必要だといいます。 相続をどう分けるかは、それぞれの家族に事情があり、法定相続分だけを分けるだけでも大変です。 仲が良い家族といっても、それぞれが他人と結婚していて自分の家族を持っているのです、例え本人は同意しても、本人の妻や・夫は同意しませんし、どうしても妻や夫の意見に左右されます。 例として遺産が自宅の不動産で5000万円でしかない場合で、残された家族は妻と親の介護をズットしてきた長男と、親から借金ばかりしてきた次男と同じ相続分にすることで良いのかの問題が起こります。尚、長男と妻は同居しています。 遺産が不動産だけの場合だと、次男が相続放棄をしない限り、法定相続だと残された兄弟は等分の相続となり、1250万ずっとなり、この相続をめぐり、父親が残した自宅の不動産を処分しなければならない悲劇が起こります。 これらを家族が仲たがいをしないような内容にすることで、トラブルを未然に防ぐことが出来ますし、残された遺族に思いを伝えることが出来ます。

 

相続人の潜在的持分の実現

2014年3月11日 / 未分類

ある人が築いた財産は、その人が築いたわけですから、その人のものだと言い切ってしまえば、それを本人がどうしようが他人がとやかく言うことではありません。たしかに、確実にその人だけで築いたのなら良いのですが、家族の協力がなければ築くことができない場合もあります。例えば、奥さんが協力してくれなければ財産は築けなかったと言うことはあり得ることでしょう。奥さんだけではなくて、子供も協力していることもあり、家族はやはり財産の形成に対して何らかの貢献をしていると考えるのは自然な事です。
家族が財産を受け取ることができるように法律では定められているのですが、これはやはり家族が協力していると言うこともあり得るからです。目に見えないところで一緒に財産を築いたと考えられますから、それは家族の本来の持ち分だと考える事ができます。これを相続人の潜在的持分と呼びます。
相続をする目的の一つがこの潜在的な持分を実現させることだと言えるでしょう。潜在的に財産を稼ぐのに協力しているわけですから、その財産の一部を受け取ることができると考えるのが自然な事です。ですから、法律では配偶者が財産を受け取る権利が守られていると考えられます。

被相続人の取引の安全

2014年3月11日 / 未分類

相続制度がある理由の1つとして財産と共に権利を相続することが挙げられます。財産だけならその人が亡くなった後でも遺族側で勝手に使えばいいと考える方もいるでしょう。しかしもしその財産が権利を有するものの場合、その人が亡くなった場合にはその権利というのはどうなってしまうのでしょうか。当然のことながら権利は消滅し、そうなると遺族が利用するのではなく、国がその帰属させてその財産を国のものにすることができるのです。そうなればこの相続制度がない場合にはその亡くなった人の財産は全て国がものにすることができるという状況が発生してしまいます。更に場合によっては権利がなくなるということはその独占が早い者勝ちとなることで、そうした財産を狙うことによる事件も起きかねません。なので相続によって相続人が財産と共に権利も相続すれば権利自体は消滅せずに今後利用することが可能となり、その権利に関わる安全も保有することができるのです。。そしてそれはその財産に関わる契約の安全も保証し、財産が株等のものだった場合にはそうした取引も容易にすることができるようになるというわけです。こうして相続制度がある理由として被相続人の権利を相続人に与えることは権利の保有だけでなく、こうした取引をする際の安全も保証できるようになっています。

相続人の生活保障

2014年3月11日 / 未分類

相続とは相続をする権利を得た人が死亡した人の財産を取得することです。しかしこれは単に死亡した人の財産を権利に限らず使ってしまえばいいのではと考える人もいるかもしれませんが、ではそもそもこの相続の制度とは何故存在するのでしょうか。前途した説明は単に財産の取得としましたが、相続をする財産というのは何も金銭のものではなく、地位や負債、ようするにマイナスの財産も含まれるということです。負債というのは主に借金等ですがそうしたものには大抵契約等がされています。これは負債だけでなく地位に関係のあることもそうで、こうして相続をすることによってそうした権利による契約の確保をするのが目的の1つとなっているのでしょう。そして何よりの問題は生活保障にあります。家庭でこうして誰かが亡くなってしまうと当然生活にも影響が出てしまいます。特にその人が家計を支えていたのなら尚更のことです。そうなると生活が苦しくなることは想像に難くないことで、それを防ぐためにこうして相続という制度で相続人に財産を相続させて生活保障をするためということも存在する理由となるでしょう。そしてそれは相続という形で財産に所有の権利を持たせることによっても成り立っているといえます。

相続制度がある理由

2014年3月11日 / 未分類

相続制度がなぜあるのかというのは、これはきちんとした理由を根拠をつけて挙げるのは難しく、伝統的に行われてきたことを制度化したという側面はあります。親の財産を子供が引き継ぐという事が古くから行われてきたために、それを制度化したと考えるのが自然です。日本に限らずこのように考えるのが普通なのですが、敢えて理由を考える事もできます。
理由を考えるときには、もしもそれがなかった場合にどうなるのかを考えるのも良い方法です。もしも相続を行う事ができなかった場合には、一人の人が築いた財産は、その人が死亡すれば誰も受け継ぐことができなくなります。そうなると、その財産は誰のものになるのかが問題となるのですが、誰もいなければ国のものになるというのが妥当な考え方でしょう。しかし、国の所有になると考えれば、そもそも私有財産制度が否定されてしまうことになります。
また、全てを国のものにすれば頑張って財産を築くというインセンティブが働かなくなります。それによって経済活動が停滞すると言うこともあり得ることでしょう。このようなデメリットがあり、日本全体の経済や制度そのものを維持できなくなると考えられますから、この制度が今まで存続しているのだと考えられるのです。

TOPへ戻る