相続制度と遺言を知り尽くそう

 

日本の相続制度の中では、遺言は非常に重要な位置づけとなります。相続するべき財産というのは、亡くなった人が築いた財産ですから、その人の意思を反映させると言うことは大事なことだと考えられます。自分の財産を誰に渡すのかは、その人が決めて良いと考えるのが自然な事でしょう。
ですから、多くの財産を持っている人にとって遺言を残すことは非常に大事なことなのですが、その方法は民法によって決まっていて、それに従った方法で作成しないと法的に無効になります。法的には無効であっても、色々な人に自分の意思を伝えることができるという意味はありますから、これはこれで優れた事だと言えるでしょう。しかし、もしもトラブルになったときの事を考えれば、法的に効力を持つ形で作成しておいたほうが良いのです。
そうは言ってもどのようにして作成売れば良いのかが分からないという人も多いと思います。一番良い方法は法律の専門家に依頼することです。弁護士や司法書士に依頼すれば作成に関するアドバイスをくれますし、遺言が存在していることを第三者として立証してくれることにもあります。ですから、確実に遺言を残したいという人にとっては、これがもっとも安全な方法だと考えられるのです。

TOPへ戻る